ワックスレスタイプのフローリングの落とし穴

フローリングに関する情報サイト

フローリングの始まり

皆さんは、フローリングの種類を答えてと言われたら、なかなか答えるの難しくないですか?私は、恥ずかしながら、一切答えられませんでした。 私と同じく、答えられなかった方向けに、フローリングの種類について、調べてみましたので参考にしてみて下さいね。

教えて!フローリングの種類

フローリングの始まりは、10年以上前に建設の材料を作っているメーカーが、考え作ったのがきっかけです。
畳や何も加工されていない板やカーベットやクッションフロアなど様々な床材が誕生しました。
長く日本では、豊かに見えるという理由からカーペットが自宅で使用されていました。
床だけでなく、階段にもカーペットを使用しているご自宅もありました。
何故カーペットが好んで、使用されていたかというと、防音効果があり、周りに迷惑がかからないという理由でした。
しかしカーペットには、弱点があり、
ダニやアレルギー被害が発生する事があり、フローリング開発に至ったという経緯があります。
ちなみに、日本で初めてタイルが完成したのは、飛鳥時代で瓦を使用したタイルでした。
現在使用されているタイルの原料は、
灰石や滑石や長石が混ぜて作られています。
タイルの色は、鉄や銅やクロムなどの原料を使い色付けされていて、タイルの生産国は、イタリアやスペインや日本などです。
このサイトでは、フローリングの種類やフローリングの種類ごとの利点や欠点やワックスレスタイプのフローリングの注意点やフローリングのリフォームとメンテナンスの必要性など初歩的な内容からマニアックな内容まで詳しく、お話ししたいと思います。
知っている方も知らない方も雑誌を読む感覚で気軽に読んでみて下さいね。
たまたまこの記事を読んでいる方も新たな発見があるかもしれませんので読んでおきましょう。

フローリングにする利点と欠点

自分の自宅の床が現在、畳でリフォームをきっかけにフローリングにしてみようって思う方が多いと思います。 今回は、そんな方のために、フローリングの種類ごとに分けて、利点と欠点を詳しく説明したいと思いますので、読んで、しっかりと確認しておきましょう。

ワックスレスタイプのフローリングには落とし穴があるんです

フローリングには、ワックスレスタイプのフローリングがあるのを知っていますか? そのフローリングには、いくつか注意点があるので説明したいと思います。 それ以外に、フローリングのリフォームとメンテナスの必要性についてもお話ししますので覚えておきましょう。

Topへ
戻る▲