フローリングに関する情報サイト

この記事をシェアする

フローリングにする利点と欠点

利点

無垢フローリングの利点は、耐久性に優れていて、使えば使うほど、味が出てくる事です。
複合フローリングとは違い、作られたフローリングではなく、木の木目や自然な色の木なので高額ですが、長い目で考えると買ってよかったと思える時がくるかもしれません。
複合フローリングの利点は、機能性やデザイン性や耐久性などがあり、水回りでも問題なく、使用する事が可能です。
様々な素材や機能を持った複合フローリングがあるため、部屋や用途に合わせて、複合フローリングを変更する事ができます。
ワックスがけがいらない複合フローリングなどもあります。
複合フローリングの傷を防ぐには、ラグマットなどを使用すると防ぐ事ができるので試してみてくださいね。

欠点

無垢フローリングの欠点は、自然の木は、元々、反っていたり、割れたりしやすいという特性があります。
加工されていないので、傷やシミになりやすいです。
それ以外にも、足が冷えやすく、素材が硬めだと、足が痛くなりやすいです。
水で床を濡らしてしまった場合は、すぐに水を拭き取り、木を傷めないようにしましょう。
複合フローリングの欠点は、デザインシートが貼られてない限り、デザインがシンプルな物になってしまうことです。
無垢フローリングと複合フローリングには、それぞれ利点や欠点がありますが、欠点は、しっかりとケアすれば、解決出来る事も多いので、予算や機能性を重視して、選んでも良いのではないかなと私は思います。
参考にしてみてくださいね。


Topへ
戻る▲